商標権の侵害とは?

商標権の侵害とは、権原なき第三者が指定商品若しくは指定役務又はこれに類似する商品若しくは役務について
登録商標又はこれに類似する商標の使用をすること等をいいます。

商標権の効力は、同一のものだけでなく、類似のものにまで及びます。
登録商標と類似かどうかの判断は、
「称呼」「観念」「外観」に基づいて定められます。

「称呼」  商標の呼び方です。
「観念」  商標の意味です。
「外観」  商標の見た目です。

商標が似ているか、似ていないかの判断は、最終的には、
出所の混同が生じるかどうかということに集約されます。

類似判断を行うのは、経験のない素人では、ほぼ不可能です。
類否判断は、商標の専門家である弁理士に依頼しましょう。

ページ上部へ