内容証明郵便の書き方

内容証明郵便とは、「①手紙を出した日時、②手紙の内容、③手紙の宛先(誰から誰あてに差し出されたか)を、
差出人が作成した謄本によって、郵便事業株式会社が公的に証明してくれる郵便のこと」を言います。

権利侵害の際の警告書(訴訟の前に、侵害行為の停止を求めて送るもの)には、

① 差出人の氏名又は名称及び住所又は居所
② 商標権の登録番号(登録商標、指定商品又は指定役務)
③ 相手方が権利侵害していると思われる旨
④ 侵害行為の停止等を求める旨

等を記載します。 このような警告書は、必ずしも内容証明郵便で送らなければならない、というわけではありません。