差止請求について

第三十六条(差止請求権)

1  商標権者又は専用使用権者は、自己の商標権又は専用使用権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、
  その侵害の停止又は予防を請求することができる。

2  商標権者又は専用使用権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物の廃棄、
  侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。


差止請求は、商標権者のみならず、専用使用権者も請求することができます。

また、第2項に規定する「侵害行為を組成した物の破棄、侵害行為に供した設備の除去」は、
第1項の「侵害の停止又は予防の請求」と共に請求する必要があります。
「侵害行為を組成した物の破棄、侵害行為に供した設備の除去」のみ単独で請求することができません。